ネットワークカメラとは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ネットワークカメラとは、IPカメラとも呼ばれておりカメラとパソコンが一体となったものです。カメラはネットワークにつながっておりその映像は世界中どこからでも見られます。その利用目的は飲食店やオフィスなどのビジネス目的から、深夜・外出時の防犯、ペットや子供の見守りまで多岐にわたります。

ネットワークカメラの種類はたくさんあります。ほとんどは無線Wi-Fi対応で、室内用・屋外用があるのでどんな場所でも設置可能です。屋外用は、広角で動体検知のものや、LED付きのもの、音声付き動画撮影可能のもの、防塵防水カメラが人気です。LEDにも、相手に気づかれない光らないLEDもありますので誰にも気づかれることなく録画できます。威嚇や抑止力を強めたいときは、赤く光るLEDがおすすめですよ。HDとリンクさせることで、長期録画も可能です。数週間の動画を保存しておきたいといった要望も簡単に叶えることができますよ。最新のものは、動体検知から30秒ほどさかのぼって録画されるものもあります。音がした後だけの録画ではわからない、犯行の一部始終を抑えることもできます。

もちろんこれらはスマホからすべて見ることができるので、外出先からの確認も簡単です。動体検知があったときなど、設定に応じてメールで知らせてくれる機能もあるのでそのタイミングですぐに確認できるのもうれしいですね。本サイトでは、ネットワークカメラの使い方をオフィシャルとプライベートに分けてたくさんご紹介します。