監視システムの選び方

ネットワークカメラは、置くだけのものと、天井や壁に設置するパターンがありますが、どちらもワイヤレスのものが多く配線が不要のため自分で簡単に設置することができます。バッテリーの持ちも大変優れており、半年に1度程度の電池交換で済みます。配線不要ですので、配置の自由度も高く、外観を損ないません。玄関など防犯で使用する場合は、死角がないよう角度を調節して数台設置するのがよいでしょう。犯人の顔をしっかりとらえたい場合は、最初の1台が動体検知で反応したら2台目がズームにして撮影するといったプログラムを組むこともできます。また、監視カメラサービスのアロバビューの監視カメラシステムは、動体検知やセンサーアラームなどをトリガーにして録画が開始されます。そして、動体検知前の最大1時間前から録画をすることができます。

Q.モーション検知録画において、モーション検知前の映像も録画しておくことができますか?
A.できます。
カメラ機種に依存しますが、モーション検知時の最大1時間前から録画できます。

ネットワークカメラを購入する場合は、監視したい場所と時間帯を明確にし、それに応じたものを購入しましょう。屋外であれば、防水防塵が必須です。夜間の防犯であれば、暗闇でも鮮明に撮れるものがよいでしょう。あとは、何台使って死角をなくすか、どの範囲カバーするのか、どの程度鮮明な画像がほしいかですね。子供やペットの様子の確認なら、録画だけでなく会話ができるのもポイントが高いです。1つ注意しなくてはいけないことは、録画は個人情報トラブルにもつながりかねないということです。第三者のプライバシーを侵害しない、敷地内のみで行いましょう。

プライベートでの使い方

スピーカー&マイク搭載最新のネットワークカメラは、見る・撮るだけでなく話ができる機能がついているものもあります。室内に設置すれば、子供が無事帰ってきているかが一目でわかりますし、テレビ電話のように会話もできるのでいつでも身近に感じられますよ。共働きのお宅に最適です。また、敏感な赤ちゃんは少しの物音でも起きてしまうので、赤ちゃんを寝かしつけたら別室で家事をするお母さんは多いのではないでしょうか。赤ちゃんの様子は常に気になりますが、ドアを開ける音で起きたらどうしよう。そんな悩みも暗闇でもカラーで見られる機能がついているネットワークカメラを使えば、別室から常に赤ちゃんの様子を見守れますよ。

さらに、遠方にいるご高齢の両親の家のリビングに設置すれば、毎日元気にしているかを確認することもできます。万が一の時、特に一人暮らしをされていれば発見が遅くなることも多く、生命の危機に繋がります。メールを毎日するのは大変だというご両親でも、これなら安心ですね。また、わざわざかけなくてはいけない電話は面倒でも、話すだけで通じるので楽しみも増えます。ただし、取り付けるときは、プライバシーにかかわるので相談してからにしましょう。

オフィシャルでの使い方

レストランなど飲食店での使用の場合、衛生面のチェックやクレームが来ていないか、お客様が楽しそうに食事ができているかなど本部で逐一チェックできるので、気になる点があればスピーディーに対応できます。また、従業員側も、いつでも担当者に見てもらえてる、頑張っていれば認められるとの認識も強まりモチベーションアップになります。閉店した後もネットワークカメラをオンにし続け動体検知でメールが送信される設定にしておけば、その場でスマホで確認でき泥棒など店舗で起こる異常を瞬時に検知できます。

小さい子供を幼稚園に預けるのは、ご両親にとって最初はとても不安です。馴染めているか、危ないことはしていないかなど、遠隔操作で確認できるのは安心です。また、幼稚園の周りにネットワークカメラを設置することで犯罪の抑止にもつながります。ネットワークカメラは、ペットホテルでの需要も急増中です。少子高齢化が進み独身の若者でペットを飼う人数が増えてきています。ただ出張などで家を空けるときはペットホテルに頼らなくてはいけません。わが子のように愛しい愛犬が慣れないペットホテルで快適に過ごせているかをスマホ越しで確認できるのはとても安心できます。

ネットワークカメラとは

ネットワークカメラとは、IPカメラとも呼ばれておりカメラとパソコンが一体となったものです。カメラはネットワークにつながっておりその映像は世界中どこからでも見られます。その利用目的は飲食店やオフィスなどのビジネス目的から、深夜・外出時の防犯、ペットや子供の見守りまで多岐にわたります。

ネットワークカメラの種類はたくさんあります。ほとんどは無線Wi-Fi対応で、室内用・屋外用があるのでどんな場所でも設置可能です。屋外用は、広角で動体検知のものや、LED付きのもの、音声付き動画撮影可能のもの、防塵防水カメラが人気です。LEDにも、相手に気づかれない光らないLEDもありますので誰にも気づかれることなく録画できます。威嚇や抑止力を強めたいときは、赤く光るLEDがおすすめですよ。HDとリンクさせることで、長期録画も可能です。数週間の動画を保存しておきたいといった要望も簡単に叶えることができますよ。最新のものは、動体検知から30秒ほどさかのぼって録画されるものもあります。音がした後だけの録画ではわからない、犯行の一部始終を抑えることもできます。

もちろんこれらはスマホからすべて見ることができるので、外出先からの確認も簡単です。動体検知があったときなど、設定に応じてメールで知らせてくれる機能もあるのでそのタイミングですぐに確認できるのもうれしいですね。本サイトでは、ネットワークカメラの使い方をオフィシャルとプライベートに分けてたくさんご紹介します。